「屋台フード」という言葉が存在する前から存在する屋台フード。

    1回の夕食より2回の夕食、つまり夜食も食べたい時がある。そして夜食を食べるなら寧夏路夜市(ニンシャールー・イエシー)が最高のスポットと言えよう。台北で最高においしい食べ物に出会える、最も有名な夜市は間違いなく寧夏(ニンシャー)である。寧夏(ニンシャー)は台北の中心にある台北駅の近くにあり、MRTの中山(ゾンシャン)駅と雙連(シュアンリャン)駅からもアクセスできて、交通の便も良い。

    台北で一番美味しい屋台フードを試すには、この伝説的なスポットに訪れるべきだ。蛋黃芋餅(ダンファンユウビン)(塩漬けした卵の黄身を包んだタロイモの揚げ団子)や蚵仔煎(オアチェン)(牡蠣オムレツ)、焼麻糬(シャオマーシュ)(林記(リンジー)の焼き餅)はここで試す事のできるフードのほんの一部である。

    そんなにたくさんのメニューがあるなら、予算を伝えて寧夏(ニンシャー)のおすすめ料理を全て一度に試せる店があれば良いのにと思っているだろうか?そんなあなたにピッタリの場所がある。千歲宴(チィエンスイイェン)(千年の宴の意味)は寧夏(ニンシャー)で50年以上前から店を構えている20の屋台の集合体だ(店名はここから由来)。この寧夏路夜市(ニンシャールー・イエシー)の“シェフズ・テーブル”では行列に並ぶことなく、夜市で最もおいしい料理の数々の中から少しずつ試食できる定額コースメニューがある。タンクトップがウールのセーターに感じられるぐらい蒸し熱い台北の夜には嬉しい限りのプチ贅沢だ。