歴史の勉強も兼ねた上海ショッピング

    のキャッチコピーは少しややこしい——「今日の上海で出会う、過去と未来」——しかしこの謎めいたキャッチフレーズに怖じ気づいてはいけない。上海の旧フランス租界にある有名なこのショッピングのメッカでは、様々なスタイルや建築様式が混ざり合っている。更に新天地には、「東洋のパリ」で行っておきたい映画館やレストラン、ギャラリーやブティックの75%が集結している。

    何より面白いのは古いものと新しいものの融合だ。モダンなガラス張りのビルが上海の伝統的な様式の建物と軒を連ねる。写真を撮り、食べ歩き、上海の特産品を買い、散策をするにはピッタリの場所だ。

    まずは伝統的な煉瓦の細く曲がりくねったトンネルを歩き、古き良き時代へとタイムスリップしてみよう。それからの南ブロックにある25,000平方メートルのショッピングモールなどのモダニズムの風を体験し、もし時間があれば南西のエリアでアーティストやデザイナーの店をチェックしよう。

    は中国のタイムカプセルの様な所だ。掘り起こせば掘り起こすほど、このエリアの歴史と文化を知る事ができる。買い物と食べ歩きを楽しみながら中国の事を学べるなんて、素晴らしい事ではないか?の間違った歩