Serving the most popular spirit in the world/世界一人気のスピリッツを出すバー

    韓国にはソジュ、日本には日本酒があるように、中国にはという酒がある。もしを飲んだことも聞いたこともなくても無理はないが、この酒が世界で最も売れている酒である事を知ると驚くだろう。もともと年配世代に良く飲まれていた酒であるが、現在では中国の役員室や応接室から抜け出して欧米にまで進出している。

    Capital Spirits(キャピタル・スピリッツ)はと希少なクラフトリカーを専門に扱う世界初のバーである。スタッフはの史学者あるいは教育者としてこの国民的ドリンクを新世代に紹介しているのだが、は好き嫌いがはっきり分かれる酒であることを考慮するとこれは楽な仕事ではない。のアルコール度数は低いものでも38%、高いものでは百戦錬磨の呑べえもイチコロの60%のものもある。従ってこの酒は小さなショットグラスで提供される。

    初心者が火を噴くようなこの酒の楽しみ方を知りたいならCapital Spiritsへ行くことをお勧めする。ここのカクテルは受賞歴のあるバーテンダー/ミクソロジストが作ってくれるし、ちょっと気後れする人には本番前の地ならしに、舐める程度のを試飲させてくれる。極め付けは広東省から仕入れた蛇を漬け込んだで、これはリピーターが注文すると言うよりも自慢のネタで注文される場合が多い。そんなに冒険したくないと言うなら、サワーや「Crab Island Iced Tea(クラブ・アイランド・アイスティー)」などのベースのカクテルもあるし、もちろんクラフトリカーやビールもある。

    自分にははピンと来ないなと感じたとしても、Capital Spiritsはその活き活きとした楽しい雰囲気とフレンドリーなサービスのためだけにでも訪れる価値のあるバーである。もしかしたらその高いアルコール度数のおかげで、気がつけばを浴びるように飲んで、この土地ならではの体験とその魅力にすっかり溺れてしまうかも知れない。