パラレルワールドへのシュールな冒険。そこではサングラスも売っている。

    4店舗あるGentle Monster(ジェントルモンスター)は、どの店舗に足を運んでも、まるでMOMA(モマ)の最先端のコレクションを見に行く気分になる。ただサングラスを見に行く場所ではない。最後に支払うサングラスの代金は、連続する知覚体験への対価なのだ。オーナーのKim Han Kook(キム・ハン・クック)氏は、自身のブランドを衝撃的に披露することで、サングラス・ファッションの常識を静かに揺さぶっている。

    The Bathhouse(ザ・バスハウス)、The Kitchen(ザ・キッチン)、Quantum(クアントム)、The New Island(ザ・ニューアイランド)(上部ビデオ)に見るように、多くのコンセプトは古いものと新しいものとを衝突させているものだ。その空間はあまりにユニークな為、店に入ると一瞬サングラスの存在を忘れてしまいそうになるが、サングラスは確実にこの展示会の主役だ。

    Gentle Monsterのサングラスは、ディスプレイされている空間と似ている。どこか見慣れたものの様で、それでいて、手に取ると今まで自分が持っていたサングラスにがっかりしてしまうだろう。たとえば本物の角を使ったサングラスや、「衝撃的に綺麗にしてやる」などのメッセージ入りのものもある。大胆なブランドにふさわしく、実に大胆な主張である。

    Gentle Monsterが一躍有名になったきっかけは、宇宙から来た異星人が韓国の超人気の美人女優と恋に落ちる韓国ドラマ、My Love from Another Star(星から来たあなた)だ。「目に美しい」という共通のテーマを見る事ができるだろう。