店主は、父親と同じ飲食業界に足を踏み入れたことを、心配症の父親に知られたくなかった。こう書くと、悲劇的なアジアンドラマのストーリーのようだが、これは、実のところ成功したレストランチェーンの実際の裏話なのだ。台北に現在3店舗を展開し、成長を続けているこのチェーン。それぞれの店舗が独特の世界観とユニークなメニューを提供しているが、共通して「Hide From Dad(親父に隠れて)」という意味の店名が付けられている。

    入店したら(予約不可)、味噌汁を注文し、海鮮丼に舌鼓を打とう。禅庭のように丼に盛りつけられた刺し身をはじめとするトッピングは、もはや芸術だ。

    幾千もの明太子茶碗蒸しの末に、店主の父親もついに彼を許してくれたと我々は思いたい。

    親父、ごめん。