地域性とグローバルな視野を兼ね備えた人気店

    香港に現在住んでいるか、行ったことのある人なら知っているはずだ。香港は巧みにデザインされた選りすぐりの小売店には事欠かない。 お金を使いたくなる店が沢山ある。Kapok(カポック)は、フランスからの香港に移住した創業者のアルノー・カステルの審美眼により、大手のコマーシャル・ブランドではなく、新進気鋭のデザイナーやレーベルに焦点をあてた店である。訪れるたびに新鮮な国際的ショッピング・エクスペリエンスを体験する事ができる。

    香港の6店舗に初めて訪れると、とくに品揃えにこだわりも統一感もないように感じるかもしれない。しかし注意深く見ると、アパレルから小物まで、そのすべてを結びつける糸はクォリティの高いクラフトマンシップとデザインへの神経の行き届いた配慮であることがわかる。

    注: よりローカルな雰囲気を求めるならPMQ店に訪れるとよいだろう。最新のコンセプトを持ち、メイドイン香港を強調する店舗となっている。