有名なから目と鼻の先にあるKing’s Joy(キングス・ジョイ。またの名を)でのダイニング・エクスペリエンスはシンプルだが、それと同時に不思議とスピリチュアル、豪華、そしてベジタリアンでもある。

    オーナーのDavid Yin(デビッド・イン)のサステイナブル(持続可能)なヘルシーなライフスタイルに対するオマージュであるこのレストランは、セレブ、高位の人や富裕層から支持を集めている。 アップスケールな完全ベジタリアンというコンセプトが北京のエリート達の間でこれほどまでに人気になるとは、誰が予測しただろうか?この店の料理は、それほど美味である。内容は明らかに高級なベジタリアンと言えるだろう。セットメニューの価格は399 RMB 〜で、の甘酢炒めなどが含まれる。

    料理は豪華だが、キングス・ジョイの雰囲気はとても心地よい。建築家による、伝統的な中国のコートハウスとモダンな洋風のレストランというスマートな融合が、静かなハーモニーを奏でている。殆どの午後には、客人はハープの生演奏を楽しむ事ができる。屋内での食事は勿論、レストラン後方の小さな竹林の側での食事も可能だ。キングス・ジョイでは更に伝統的な中国茶を楽しむスペースが用意されている。食前、食後に中国茶芸を体験してみては如何だろう?

    せっかく心と身体をデトックスするのなら、上品にしようではないか。