上品なカクテルを片手に静かに語らおう

    ソジュ(焼酎)と韓国焼肉のお決まりパターンから抜け出して、たまにはお洒落をして優雅な夜を過ごしたい時もあるだろう。それなら心ゆくまでドレスアップして、豪華なヴィクトリアン調の図書館へ降り、秘密の本を引き出し、マホガニーの本棚の裏の世界へ行こう。

    洗練されたスピークイージー・カクテルの体験があなたを待っている。ワールド・チャンピョンのバーテンダー兼オーナーである、EOM DO-HWAN(オム・ドーワン)とLIM JAE-JIN(リム・ジェージン)が華やかにカクテルを振る舞ってくれるだろう。顧客は、50名に限られており、椅子一つに至るまで豪華な造りになっている。どんな荒れ果てた男でもこの椅子に座ればたちまち王様のように見えるだろう。

    この店の一番の強みはやはりカクテルである。200種類以上のウィスキーとブルボン、ライ、ジンやその他のスピリッツのカタログがあるため、ミクソロジストは材料に困ることはない。最高に新鮮な生姜とライムのみで作られた「CHAMBER MULE(チェンバー・ミュール)」は、あなた好みのスコッチとおつまみのペアリングの前に飲む最高の口直しである。

    Le Chamber(ル・チェンバー)は気品に溢れており、あなたからもそれを求めている…失望させないように。