まずは固定ギアから

    「固定ギア」を想像すると、恐らく思い浮かぶのはブルックリンの街中やポートランドの丘、もしくはオランダの運河沿いをサイクリングしている風景だろう。Natooke(ナトゥーキー)が登場した今、「固定ギア」は「北京の裏路地を滑走する事」と同義語になった。

    2009年に有名なドイツ人サイクリストのInes Brunn(イネス・ブルン)によってオープンしたこの店のエトスは、ヘルシーなライフスタイルと、都会でのエコな通勤の形である。そしてこの店は、その精神をあなたに合った形で実践して欲しいと願っている。Natookeではあなたの理想の自転車を、希望のスペック通りにフルカスタムで創ることが可能だ。店舗は今注目されているのエリアにあり、都会派の若者達から信頼を集めている。もしあなたが四川省まで行く予定があるなら、にも姉妹店を出したばかりだ。

    この北京のカスタムバイク・ショップは、首都のサイクリング界では有名だが、中国発の固定ギア自転車の店でもあった。その評判は想像を絶するものだ。Natookeのこの国の自転車文化に与えた影響は底知れず、同店の秘密の固定ギア愛好家の交流会や集会は当局の注目を浴びてしまい解散を余儀なくされてしまった。

    賢者の知恵:この店はRespro anti-pollution mask(レスプロ大気汚染遮断マスク)など、他の店では見つからないアイテムも手に入る。北京でサイクリングを楽しむなら、絶対必要なアイテムだ。