台湾からイタリアへの遊歩道

    シェフであるGiorgia Pappalardo(ジョルジア・パッパラード)とPatrick Benedetti(パトリック・ベネデッティ)は、アジアの食の都市として知られる台北に、イタリアの丘陵から強い風を吹き込んだ。ボローニャとトスカーナ地方出身の二人は、アジアにやってくるまでヨーロッパ屈指の厳しい厨房で生き抜いてきた。現在はこの高温多湿の台湾で、ローカル食材をトラディショナルなイタリア料理に取り入れ、大胆でありながら、なおかつ彼らのおばあちゃんもきっと誇りに思うであろう、本物の味を創り出している。

    彼らのレストランは、との二箇所にあり、そのモダンでリッチな店内では、看板料理のピッツァやパスタが6千マイルの空の旅をせずとも味わえる。更に、友人との美味しい食事会や、ディズニーの映画、『わんわん物語』さながらのホームメイド・パスタを食べながらのロマンチックなデートだけでは飽き足らないあなたには、一流の料理教室やプライベート・ディナーのプランまで用意されている。

    イタリア料理、ワイン、そして凄腕シェフ達の経歴。他にまだ何か必要だろうか?