あらゆるもののワンストップ・ショップ

    暑すぎたり寒すぎたり、なかなか新鮮な空気が吸えなかったり。そんな時は、北京のグリーンデザイン・イノベーションの象徴的なランドマーク、Parkview Green(パークビュー・グリーン)に訪れるとよい。中国最大の持続可能な建築プロジェクトの1つであるParkview Green ()は、独自の「マイクロ・クライメイト(微気候)」を維持することによってエネルギー効率を最大限にするようにデザインされており、屋内で過ごしたい真夏の日にぴったりの行き先である。

    色々な意味でクールなParkview Greenには、では高級ショッピングやレクリエーションが楽しめるだけではなく、絶対必見の、見とれてしまうような現代美術コレクションがある。敷地内には、超現実主義者のサルバドール・ダリの絵画作品の最大のプライベート・コレクションの1つを含む500点以上ものユニークな作品が展示されており、Parkview Greenの最も際立った特徴の1つとなっている。

    ショッピングモールには、ファストファッションからハイエンド・ラグジュアリーに至るまで、有り余るほどの世界有名ブランドが入っている。Parkview Greenは、新しいブランドが登場する場としても注目を浴びている。COS (H&Mのハイエンド姉妹ブランド)、Camille(カミーユ)、Wempe(ヴェンペ)、Tadashi Shoji(タダシ・ショージ)、Tesla(テスラ)とDunhill Home(ダンヒル・ホーム)は、皆Parkview Greenにてはじめて中国市場に出た。食べ物のことも忘れてはいけない。小籠包で有名なDING TAI FUNG()や、ミシュラン星シェフのUmberto Bombana(ウンベルト・ボンバーナ)によりオープンされたOPERA BOMBANA(オペラ・ボンバーナ)などの美味なオプションが揃っている。

    Parkview Greenで少し出費をする事を悪く思う必要はない。環境と芸術に貢献していると思えばよい。見栄えが良くて、社会的責任も担っている。素晴らしいコンビネーションだ!