一つのカップしか必要のないワンシーン

    ステージ:

    演技:スペシャリティー・コーヒー

    Soloist(ソロイスト)は、一杯のコーヒーに焦点を当てた相互的なエクスペリエンスを提案している。店内で焙煎され、ガラスの瓶に入れられたスペシャリティー・コーヒー豆は、ワン・オーダーずつ入れられ、それを目の前で見る事ができる。バーに腰掛け、彼らがあなたのコーヒーを入れているのを眺めながら、質問をしたりして待っている時間を楽しもう。

    丁寧に入れられたコーヒーができたら、インダストリアルなヴィンテージ装飾を背景に、リサイクルされた椅子に腰掛けリラックスしよう。ここのインテリアが、様々なタイプのコーヒー愛好家のための暖かく心地よい空間を創り出している事にあなたはすぐに気付くだろう。

    Soloist、ブラボー!我々はきっとまた足を運ぶだろう。