上海にじわじわと染みわたる

    中国でなコーヒーショップを見つけるのは難しい。しかし、上海にはそんなコーヒーの流れが浸透し始めている。

    カリフォルニアを彷彿とさせる、卸しのロースタリーも兼ねたカフェ、サマリアン・コーヒーは、2011年から挽きたてのスペシャリティー・コーヒーを中国で提供し続けている。この店のように一貫して店内でローストしてから入れるコーヒーを出す店は、国内でも一握りだ。シングル・オリジンとブレンドの両方を用意し、抽出方法もドリップ、エスプレッソ、水出しに樽出しまで!と幅広い。夏バテ解消ならばゆっくりとドリップされた「京都アイスコーヒー」がオススメだ。フードはオリジナル・ブランドであるBoom Boom Bagel(ブーン・ブーン・ベーグル)を使った、ユニークな名前のベーグルサンドが並ぶ。ピーナツバターにバナナと蜂蜜が入った「CHUNKY MONKEY(チャンキー・モンキー)」や、マッシュルーム、フライドポテトとチーズのベーグルに目玉焼きがトッピングされた「BIG COUNTRY(ビッグ・カントリー)」は、アメリカンな気分に大満足間違いなし。

    客層は地元民よりも外国人の方が多いようだが、誰もが楽しめる、ゆったりとした居心地のいいスポットであることは間違いない。友達と一緒に美味しいコーヒーを飲みながらウェスト・コースト気分を味わおう。