ゆったり落ち着ける場所

    に位置するこのローカルラウンジには是非訪れてもらいたい-あなたが一人でハッピーアワーと楽しむ時、友人にゆっくり近況報告をする時、そして待ちに待った週末を祝してコーヒーからカクテルに乗り換える時。Woo TPE(ウー・TPE)は誰もが楽しめる、アットホームな場所である。

    内装はインダストリアル・スタイルでありながら、イギリスのパブと禁酒法時代後のアメリカのバーのヴィンテージなタッチを掛け合わせた居心地の良いものである。20人以上座れる長テーブルから、リラックスできるソファーエリアまで、広く開かれたスペースと様々なデザインの椅子が快適なリラクゼーション空間を生み出す。その雰囲気は手作りのカクテルでより魅力的なものへとなってゆく。

    スペシャルティ・カクテルがまだ発展途上のこの街で、ウー・TPは既に8年以上アルコールの芸術を作り続けている。まずはこの店の看板メニューの一つである、ジンジャーエールをブラウンシュガーと漬け込んだ自家製のジンジャーシロップに置き換えた「Moscow Mule(モスコミュール)」や、手摘みの中国唐辛子と干魚に漬けた自家製ウォッカで作った「Smokey Bloody Mary(スモーキー・ブラッディー・マリー)」を試して欲しい。スモーキー・ブラッディー・マリーは蓋をした状態で供され、その蓋を開くと実際に煙がでる。これには心を奪われること間違いなしだ。

    美味しいドリンクを飲みながら美味しいつまみも食べたい気分だって?それならマストメニューは台湾ビールのソースを使った「Garlic Shrimp and Mushrooms(海老とマッシュルームのガーリック風味)」と「Octopus and Tomatoes(タコとトマトのフレッシュソテー)」と「Fermented Tofu Chicken(豆腐ようチキン)」だ。全て一等賞クラスの逸品である。

    リラックスしたい時でも、盛り上がりたい時でも、ウー・TPはいつでも安らぎと美味しいものを与えてくれる魔法の隠れ家である。そこがこの店の素晴らしいところだ。