そこに残る事を決めたコーヒーのポップアップ・ストア

    オモテサンドウコーヒーは、誰にも見つかりたくない様だ。嘘ではない。あらゆる手で見つからないようにしているような佇まいだが、カフェイン中毒者とコーヒー・ツーリスト達はそれでもどうにかこの隠れた名店を発見し、足繁く通っている。そもそもオモテサンドウコーヒーは、ずっとそこに在り続ける予定ではなかったのだ。取り壊しが決まっていた古民家にポップアップ・ストアとして実験的、期限付きで熟練のバリスタが立ち上げたコーヒーショップなのだ。しかし予想外に店が大繁盛してしまい、期限付きであったはずのこのコーヒーショップは、表参道ヒルズ周辺の多くのカフェと名を連ねてそこに定着することになった。

    年数は浅いが、既に多くの注目を集めているこのコーヒーショップに辿り着くには、まず表参道の坂を上り、閑静な住宅街の中をGPSか地図を片手に進まなくてはいけない。確実に一度は通り過ぎ、「ここにあるはずなんだけどな?」と首を傾げることになるだろう。目立った表札などはないので探しても無駄である。恐る恐る民家の裏の庭に足を踏み入れ、「ここであるはずがない」と引き返したりする。

    もし上記の工程を全て行ったら、あなたはこのカフェに辿り着いた事になる。誰かの家に不法侵入してしまったのか、求めていたコーヒーにありつけるのかは、庭を過ぎて、独りの男が佇む小さな部屋に辿り着くまで確証がない。洗練された部屋はあまりに小さく、バリスタの仕事スペースに入ってしまった気分になってしまう。

    しかし一度入店すれば、オモテサンドウコーヒーでは典型的な忙しいカフェとは全く違う体験ができる。長い列に並んでいても、この店の雰囲気は穏やかで、パーソナルである。その一時を分つのはあなたとバリスタだけ。小さなメニューから、ホットかアイスのコーヒーのオプションを選び、小さな四角いデザートの中から食べたいものを決める。

    店内にはその完璧なコーヒーをゆっくり味わうスペースは無いため、殆どの顧客は庭のベンチに腰掛けて至福の一杯を楽しむ。ミニマルなインテリアと禅な庭で心が安まるので、会話をしたり騒ぐ客は少ない。

    そのひとときを十分に楽しむ事。オモテサンドウコーヒーはもともと永遠にそこに在るはずではなかった店だ。今度また訪れる時には、もう見つからないかもしれない。